青汁でアトピー対策!ママなら知りたい青汁のホント

アトピーについて

アトピーで悩んでいる人は意外に多いものです。子供のうちだけアトピーというようなタイプもあれば、大人になってもアトピーの症状が治まらないということもあるようです。
アトピーというと、かゆくてかいてしまって夜中も眠れなくなるということが多いと聞きますが、誰でもそのくらいの症状になっているわけではないようです。
しかし、アトピーの人に多いのはアレルギー体質だということです。アトピー素因と呼ばれる気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎を持っている人が多くいます。
症状そのものは、酷い時と軽い時が繰り返す形で長期に及ぶことが多いようです。

 

原因もいろいろとあり、環境中にいるダニや食べ物の成分がアレルゲンとなり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体が作られて皮膚にアレルギー症状を引き起こします。
体質そのものは遺伝しやすい傾向があります。絶対に遺伝するというわけではありませんが、体質は遺伝する可能性があるのです。
成人してからのアトピーは、精神的なストレスで症状の増悪が変わってくることが多いようです。
成人のアトピーを抑えるにはストレスを解消するということが大切とも言われてます。
しかし、何かできることはあるのか?と考えた時に、実は青汁が効果があるという話をあちこちで聞くことがあります。

青汁人気の理由

両親のどちらかがアトピーという場合は、自然とアトピー対策を行うことができるのですが、両親がアトピーでない場合はまさか自分の子供がアトピーになるという発想はあまり無いので対策が遅れがちです。私の知り合いのママさんも同じような状況になり、子供さんがまさかアトピーになるということは想定していないために、対策が遅れてしまったようです。
このようなママさん達が多いのも事実なので、そのような話を聞くと、自分達夫婦がアトピーでなくても「もしかして・・・」と思い、対策を行うママさんも多くなっています。
予防することって本当に大事です。いざ、症状が現れてから考えてみてもかなり悪くなってしまったということもありますから。
そうなると、アトピー予防ができる青汁というのは手っ取り早い上に確実な健康効果があるということで注目したいですよね。

 

もし、アトピーの不安が全くないという場合でも、アトピー以外でも効果があるのが青汁。
ですから、飲んでいて損することは全くないというのが実際のところなのです。家族で飲んで、大人もアレルギー予防(花粉症など)ができます。
花粉症などは、去年まではなんともなかったのに、今年からいきなり・・・なんてこともあるので、分からないものです。

 

青汁おすすめ比較ランキングはこちら 

参照リンク

青汁おすすめ比較ランキング【青汁、全部飲んでみた!】・・・青汁の中でも粉末タイプの青汁をサイト編集部スタッフ6名と美容ライター4名の計10名で実際に飲んで、味、香り、粉の溶け具合、青汁感、美味しさなどを比較してランキング形式でご紹介します。青汁の種類、特徴、効果、栄養素、飲み方、アレンジ方法などもご紹介します。

子供でも飲める青汁はあるの?

子供に青汁を飲ませたい!アトピーやアレルギーの予防をしたいというママさんが次に疑問に思うのは、子供にも飲める青汁はあるのか?ということでしょう。
子供の多くは緑黄色野菜は嫌いということが多いでしょう。中には野菜は好きだと言う子もいますが、かなり稀な存在です。
そこで、子供でも飲める青汁についてですが、基本的にはちみつ配合のものは、1歳未満の子供には飲ませることはできません。
はちみつそのものは栄養価も高いですし、身体にも良い、天然の甘さなので砂糖などとは違う存在です。
ということで、子供にもはちみつを…と思う場合もあるようですが、1歳の誕生日を迎えてからにしましょう。

 

多くのママさんから子供用の青汁で適しているものはどの種類ですか?という質問を受けることがあります。
多くの子供さんが抵抗なく飲めるのは、甘いタイプの青汁であることは確かです。
フルーツを配合しているものがベストでしょう。天然の甘さがあるので、青汁?という感じを受けます。
大人でも、青汁っぽさがあるものは苦手という人には、このようなフルーツを配合したタイプの青汁がお勧めです。
そしてこの青汁は水に溶かして飲む方法以外にも、その他の方法での飲み方の方がさらにおいしさが増すということも言われています。

 

※子供に適している青汁は、フルーツ配合の青汁

青汁を無理なく続けられる方法

子供のアトピーやアレルギー予防のために青汁を飲ませたい!という時に、青汁そのものが薬ではないので続けることで効果があるということを考えると毎日のように無理なく、嫌がることもなく続けられる方法を考えたいものです。
子供というものは対応が難しいですよね、いくら身体に良いと説明しても殆どの子供が嫌だというものは徹底的に拒絶することが多いでしょう。
一度嫌!!と言いだしたら絶対に引かない子供さんもいるでしょうから、青汁を飲ませるという場合でも細心の注意を払って、おいしいと思わせたいと思うのが親心ですよね。

 

青汁を子供さんに無理なく飲ませる方法として、基本的な水に混ぜるという方法でも決して悪くはないのですが、できれば牛乳やヨーグルトに混ぜる方が適していると言えるでしょう。
フルーツの甘さがあるので、何も入れていない牛乳やヨーグルトを飲むよりおいしくなったという意見もあるくらいです。
私も飲んでみたことがあるのですが、水に混ぜて飲むという方法でも決して悪くはないのですが、フルーツの甘さがあるので逆に毎日だと飽きてしまう気がします。
やはり、牛乳やヨーグルトで飲む方が飽きない気がしますし、これらの飲み物でカルシウムを摂ることもできるのがいいですね。

 

青汁おすすめ比較ランキングはこちら